失業保険は、何歳まで受給資格があるのでしょうか?

年金をもらえる年齢になると、もらえないような気もします。

定年直前ぐらいに退職することになった場合、
かなり心配になるのも無理もありません。

年金の受給を延ばす予定の方にとっては、
収入なしの期間を少しでも減らすことは死活問題になるからです。

結論からまず申し上げます。
失業保険は64歳まで受給できます。

もう少し正確に表現すると、65歳未満までもらえます。

気をつけていただきたいのは、
65歳になった時点で、支給が打ち切りになってしまうという点です。

この場合、受給日数が何日残っていても、打ち切りです。

つまり、会社を辞めた時点で65歳の誕生日が近い場合、
すぐにでも申請をしなければならないのです。

逆にいうと定年退職日が「65歳の誕生日」である場合、
そこから手続きをしても、もらうことはできません。

長年、雇用保険料を払ってきたのに1円ももらえないというのは理不尽な気もします。
しかし、これは国が決めたことですのでどうにもなりません。

さて、実は60歳を超えると、だんだん失業保険のリターンが悪くなってきます。
受給日数が、60歳を超えると減っていくのです。

自己都合退職の場合は年齢による区分はなく、雇用保険の加入期間だけで区分されます。

しかし、会社都合退職の場合は最大で330日もらえる失業保険の受給日数が、
240日に減ってしまいます。

このあたりも含めて、退職時期を見極めるとよいでしょう。
« | »