出なくなってしまった会社は寸志程度になってしまった会社も多いですが、
サラリーマンにとってボーナスは大きな楽しみでしょう(出る人にとっては)。

ボーナスの手取り金額も、もちろん多いのが一番です。

しかし、ボーナスからも、税金やら社会保険料やらが無情に引かれていってしまいます。
雇用保険料も同じように引かれます。

雇用保険料で、社員側が負担する割合は0.5%弱に過ぎません。
しかし、ボーナスは元の金額が大きいので引かれる金額もそれなりになります。

ところで、失業保険で支給される額には、ボーナスの支給額は関係ありません。
反映されないのです。

にも関わらず、雇用保険料は、ボーナスからしっかり持って行かれてしまいます。
還元される可能性が全くないお金を召し上げられていることになりますね。

毎月の給与が低額で、ボーナスで多くもらうような会社にいると、
大きく損をします。

しかし、ここまで細かい点は、気づく人もあまりいません。
なので不快になることが少ないのがせめてもの救いでしょうか。
(気づいたところでどうにもできませんから)

はじめにも書きましたがこのご時世です。

勤めている会社でボーナスが出ない、
出ても寸志程度という方も多いかも知れません。

「ボーナスから雇用保険料が引かれるなんて取られ損だなあ・・・」
と思えるだけ、まだ良い会社に勤めているともいえます。
« | »