会社は儲かっていても、クビになることはあります。

いわゆるリストラです。

このリストラという言葉、元は「再構築」という意味で、
経営の立て直しを指します。

しかし、日本ではすっかり「首切り」という意味で定着してしまいました。


さて、不幸にしてリストラの対象となってしまった場合。
失業保険の扱いはどうなるのでしょうか。

これは、いわゆる会社都合扱いになります。
会社が社員をクビにするわけですから、本人から辞めると言い出した場合とは事情が異なるからです。

失業保険は、3ヶ月のいわゆる「受給制限期間」がつきません。
つまり、退職した翌月から支給されます。

また、年齢や勤務期間に左右されますが、失業保険をもらえる日数も伸びます。
例えば、30代で勤務5年以上だと自己都合退職の場合90日→180日と倍になります。

クビになるのは悲しいことですが、それなりに厚遇されるのです。


しかし、実際のところはそんなにうまくいきません。
会社からクビを言い渡したにも関わらず、自己都合退職で処理されている人が後を絶たないのです。

「会社都合退職だと、君の再就職に響くから・・・」
などという会社の言葉にだまされて、自己都合退職の形で辞める人は未だに多いからです。

なぜこんな真似をするかというと、会社は「辞めたのは本人の責任。会社は悪くない」
という形を取りたがるからです。

リストラされたら、本来は失業保険では厚遇されて当たり前です。
妙な取引条件を持ちかけられても、一切聞くべきではありません。
« | »