失業保険をもらいつつ転職活動、ようやく再就職先が決まってホッと一息・・・

さて、このようなとき、忘れずにハローワークに再就職先が決まったことを報告しておきましょう。

何もしないでいると、失業保険の不正受給になりかねませんので、注意が必要です。

さて、多くの方が誤解しているのですが、失業保険は、就職が決まったからといってその日に即、打ち切りになるわけではありません。

失業保険は、再就職先で働き始める前日分まで支給されるのです。

つまり、再就職先が決まって、その後初出社まで1ヶ月の期間がある場合、その1ヶ月間も失業保険の支給対象になるのです。

とりあえず再就職先も決まっており、仕事が始まるのはまだまだ先、さらには失業保険が出るので生活費ぐらいは何とかなる・・・という夢のような期間です。

しかし、ここでひとつ気をつけておかなければならないポイントがあります。

それは、形だけであっても「再就職活動を継続しておく」ことです。

再就職先が決まったからといって、一切の再就職活動を中止してどこかに旅行に行ってしまうなどの行動は、失業保険の打ち切りにつながってしまうのです。

「でも、再就職先はもう決まっているのに」
といいたい気分ですが、これは制度上、仕方ありません。

建前上、「再就職先はひとつ確保したが、よりよい再就職先を求めて引き続き求職活動を継続する」というポーズを取っておかなければならないのです。

ちなみに、再就職先で働き始めてから失業認定日が来ることがありますが、この場合は欠席しても問題有りません。

ただし、事前にハローワークに働き始める日を申告しておきましょう。
« | »