会社を辞めた後、失業保険がいくらもらえるのか?
ということは誰しも気になるところだと思います。

サラリーマンであれば、会社からもらう給料以外にはまとまった額の収入がないのが普通で、退職した後の生活費は、一時的に失業保険に依存することになるからです。

一般的に、失業保険の額は退職直前の半年の給与を基準に計算されます。
これを基本手当日額といいます。

退職直前半年間の給与を180で割って平均の日給を算出し、その額に一定のパーセンテージをかけた額が、1日あたりにもらえる失業保険の金額となります。

失業保険を何日もらえるのか?といういわゆる給付日数は、退職理由や雇用保険の加入期間に左右されますが、失業保険の日額はそれらに影響されません。

純粋に、退職直前半年間の給与額によって算出されます。

さて、この失業保険の給付日額、よく聞くのが給与の5割から8割という目安です。

結構幅がありますが、サラリーマン時代に多くの給与をもらっていた人は5割に近づき、給与が少なかった人は8割に近くなります。

簡単にいうと、1日あたりの給付額にあまり差が付かないよう、調整をかけているのです。

とはいえ、実はこの5割~8割という目安が必ずしも正しいとは限りません。
場合によっては、5割より少なくなったり、8割より多くなったりするのです。

その場合とは、「失業保険の上限額・下限額の範囲を超えたとき」です。

1日あたりにもらえる失業保険の金額にはそれぞれ上限額・下限額が決められています。
計算によってその範囲を超える額が算出された場合、上限額・下限額でふたがかけられるのです。

高給取りで、退職直前の給与が毎月200万円だったとしても失業保険が月100万円水準になることはない、ということです。

失業保険の上限額・下限額は毎年改正されています。

現在(平成26年8月~平成27年7月)は、上限額が7,805円、下限額が1,840円です。
(上限額の方は、退職時の年齢によって変わってきます)

失業保険の日額は給与の5割から8割・・・と単純に考えているとこの上限額の制限にかかってしまい、退職後の資金繰りに窮することにもなりかねません。

退職前に確認しておくべき点です。
« | »