失業保険をもらっている間でも、アルバイトは可能です。

その場合は、ハローワークに「何時間働いて」「いくらのアルバイト料を得たか」を報告します。

基本的には正直に申告しておけば何の問題もありません。

しかし、気をつけないと再就職扱いになってしまうことがあります。

それは、再度雇用保険に加入した扱いになってしまう場合です。

雇用保険は、「週20時間以上の労働時間」「31日以上の雇用の見込み」で加入する必要があります。

いったん雇用保険に加入すると、それは再就職扱いです。
つまり、失業保険の支給も打ち切りになってしまいます。

ハローワークは、再就職者が出れば実績になりますから、後から修正をお願いしても聞く耳を持ちません。

手続きが面倒な上に、自分の成績が下がるからです。

アルバイトは雇用保険に加入させない会社もありますが、これは違法です。

こういった会社の方が失業保険受給中のアルバイトには都合がよいという印象を持たれるかも知れませんが、こうした会社は他の部分も法律を守る気がない場合が多く、あまり関わりにならない方が安全です。

例えば、アルバイトにも平気でサービス残業を強要したりといった具合です。

雇用保険に加入せずに済むアルバイトといえば、1ヶ月未満の短期バイトがお勧めです。

というのは、先ほど挙げた雇用保険加入の条件「31日以上の雇用の見込み」という条件から外れるからです。

雇用保険の加入条件の一方を満たしていないのですから、もう一方の条件である「週20時間以上の労働時間」に該当していても雇用保険に加入させられることはありません。

つまり、再就職扱いにならずに多くの資金を稼ぐためには、短期バイトで期間を1ヶ月未満にして、1日あたりの労働時間を限界まで増やす、という方針でいくのが安全です。

この程度のことを知らなかっただけで、意図しないまま雇用保険に再加入させられてしまい、失業保険を打ち切られた方も多数おられます。

この程度のことで数十万円単位の失業保険を失うのは、それこそ大損です。

関連記事:失業保険受給中に適した短期バイト
« | »