失業保険を1日あたりいくらもらえるのか?を基本手当日額といいます。

この基本手当日額は、退職の直前、半年前の給与から計算されます。
例えば、ずっと30万円だった場合は180万円が計算の基準です。

対象直前半年間の給与を180で割った金額が、賃金日額です。
上の例でいうと、180万円を180で割りますから賃金日額は1万円です。

失業保険の1日あたりの金額は、この賃金日額の5割から8割の間で年齢等により調整されます。

退職前の給与が高ければ高くなりますし、低ければ基本日額手当も低くなります。

とはいえ、上限・下限が設定されていますから、働いていた頃の給与の差に比べるとその差は小さくなります。

ネット上では、よく「退職前は残業をしまくれば、給与が上がって(=賃金日額が上がって)1日あたりの失業保険(=基本手当日額)も増える」と書いてあるサイトを見かけます。

しかし、上に書いた通り実際は調整がかかりますので、その差は期待するほど大きくはなりません。

ところで、この賃金日額、ボーナスをもらっていた場合はその金額は入るのでしょうか。

残念ながら、ボーナスは賃金日額には入らず、結果として基本手当日額にも反映されません。

賃金日額には、「1ヶ月以上の間を空けて支給される、金額も不定な賃金」は含まれないからです。

しかし、唯一の例外として年俸制で働いている場合が挙げられます。

年俸制で、あらかじめボーナスの金額が決められている場合、この金額は「確定した賃金」として扱われます。

つまり、賃金日額に算入すべき賃金です。

このため、年俸制で働いている人は通常の月給制で働いている人に比べると賃金日額が多めに評価されることになり、結果として基本手当日額も増えることになります。
« | »