失業保険をもらうには、残念ながら年齢制限があります。

65歳未満までが、失業保険が支給されるリミットになります。

こう聞くと、65歳まで働いた方は理不尽な思いを抱くことも多いようです。

「ずっと、雇用保険料を支払ってきたのに1円もらえないなんておかしい」
と言いたくなる気持ちも分かります。

しかし、「1円ももらえない」というのは実は間違いです。

65歳以上の方は、確かに「1日あたりいくら、何日分まで支給」という通常の失業保険はもらえません。

しかし、その代わりとして支給される給付金があるのです。

それが、「高年齢求職者給付金」といわれる制度です。

給付額は、通常の失業保険とは異なり、一括で支給されます。

一括で支給されるというと良さそうに聞こえますが、その金額は少なくなっています。

具体的にいうと、失業保険で30日分か、あるいは50日分にあたる金額を、この高年齢求職者給付金として受け取れるのです。

30日分か50日分かというのは大きな違いですが、ご自分がどちらに該当するかを判定するのは簡単です。

雇用保険に加入していた期間が1年未満であれば30日分、1年以上であれば50日分です。

長年勤めた企業を定年退職した・・・という場合であれば、50日分が一括で支給される計算です。

最後にまとめておきましょう。

「65歳以上は失業保険を受給できない」というのは事実です。
しかし、その代わりに失業保険の30日分、あるいは50日分の高年齢求職者給付金をもらうことは可能です。

失業保険を1日5,000円と仮定すると、15万円、あるいは25万円を一括で受け取れることになります。

「もう65歳なので、どうせ失業保険はもらえない」
と、何もしないでいると結構な金額をもらいそこねてしまうことがご理解いただけるかと思います。
« |