定年になって退職。

60歳で定年になると、選択肢としては再就職か年金を受給するかになるでしょう。

定年になった会社で再雇用されず、再就職活動をしなければならない場合は、失業保険をもらながら再就職先を探したい・・・というのが多くの方の本音だと思います。

すると、もらえるお金が「年金」と「失業保険」のふたつになります。

「年金と失業保険、両方もらえるのなら、生活に余裕ができますね」
と思う方がおられるかも知れませんが、残念ながらそうではありません。

その前に、年金は老齢厚生年金と老齢基礎年金に分かれています。
サラリーマンとして勤め上げた方は、老齢厚生年金を受給することになります。

これを前提として、「定年退職後に年金と失業保険をもらえるかどうか?」について見ていきましょう。

1.老齢厚生年金と失業保険
老齢厚生年金は、失業保険をもらっている期間は支給が停止になります。

といっても、これは65歳になるまで。
65歳になったら、この支給停止は解除されて年金と失業保険を両方もらうことが可能です。

これは、65歳を過ぎると失業保険の支給はそれまでの「1日あたりいくら」から一時金をまとめてもらう形に変更されるからです。

2.老齢基礎年金と失業保険
老齢基礎年金というと耳慣れないと思いますが、要は国民年金のことです。

原則は65歳からの支給ですが、繰り上げ支給も可能です。

そして、この老齢基礎年金の繰り上げ支給を受けている場合、失業保険との同時受給が可能となっています。

年金と失業保険を同時にもらって支給額が多くなりすぎないように調整がかけられているのですが、今まで当たり前に出ていた年金が急に払われなくなることでトラブルも少なくありません。

失業保険をもらおう、という段階で年金という選択肢もある方は、事前に詳しく調べることをお勧めいたします。

この記事もそうなのですが、ネットで調べた内容だけで行動すると「情報が古くなった」「自分の状況とは少しズレがあった」などで思わぬ結果に陥ることが少なくないからです。
« | »