もらえないパターン

当カテゴリ「もらえないパターン」では、失業保険がもらえない場合を解説していきます。

失業保険というのは、誰でももらえるというものではなく、一定期間、雇用保険に加入していなければ支給されることはありません。

これは、保険という名称からご想像いただけると思います。

しかし、雇用保険に加入していても、失業保険が出ないというケースも結構多いのです。
中には、知らずに「失業保険を打ち切られる条件」に該当してしまい、悲惨な状況に陥ってしまう方も少なくありません。

下の記事で、ご自分がそういったパターンに該当していないかどうかチェックされてみてください。
もらえないパターン1| 失業保険.com
「失業保険をもらうためのチェックポイント」 では、失業保険を受給するには、一定の条件を満たしておく必要があると説明させていただきました。 一定の条件をおさらいすると、 「雇用保険に、自己都合退職の場合は1年、会社都合退職の場合は6ヶ月加入していること
もらえないパターン2| 失業保険.com
「失業保険がもらえないパターン1」では、 「再就職する気がない人は、失業保険をもらうことはできない」 と書きました。 失業保険は、就職活動に専念できるように一時的に支給されるお金だからです。 (一応、建前上はそうなっています) しかし、再就職
もらえないパターン3| 失業保険.com
失業保険がもらえないパターンの3つめです。 ちょっとおさらいします。 「もらえないパターン1」で取り上げた失業保険がもらえない人は 「再就職活動をする予定がない方」。 「もらえないパターン2」で取り上げた失業保険がもらえない人は 「公
もらえないパターン4| 失業保険.com
「もらえないパターン3」 では、「独立して事業を立ち上げた人は、失業保険の支給対象から外れる」 ということを説明しました。 さて、こうなると気になるのは「何をすれば独立して事業を立ち上げたことになるのか?」です。 事業をスタートさせたと見なされ
もらえないパターン5| 失業保険.com
失業保険を受給できないケース、ひとまずこれで最後になります。 前回までの記事では、失業保険が受給できない人たちの3パターンを解説しました。 1.再就職をしない 2.公務員(非正規職員の場合、可) 3.事業を立ち上げる 今回は、最後のケース
妊娠中は失業保険をもらえない?| 失業保険.com
妊娠・出産のため仕事を続けることができなくなる。 こういった場合に、今の会社を休職して出産・育児期間を経てから復職するのが理想的です。 理想的と書いたのは、実際には出産・育児を理由に休暇を取ろうとしても、退職に追い込まれる会社が非常に多いからです。