失業保険を受給するには、一定期間、雇用保険に加入している必要があります。

その一定期間は・・・
自己都合退職の場合 → 1年
会社都合退職の場合 → 6ヶ月
でしたね。

さて、こうなると雇用保険の加入期間が足りない場合、どうすればいいのでしょうか?

失業保険がもらえる期間までもう少し会社に勤め続ける・・・というのが一番無難な選択肢です。

しかし、会社にどうしても我慢ができなくて「明日にでも辞めたい」という場合も多いでしょう。
それでも失業保険が欲しい、という希望はかなえられるのでしょうか?

「雇用保険の加入期間が足りない。でもすぐに辞めたい、でも失業保険は欲しい」
何だかとても虫のイイ希望に聞こえますが、解決策はあります。

誰でもできる、という方法ではないので万能ではありませんが、検討の余地はあるでしょう。

その解決策は、「雇用保険の加入期間を、前職分と通算する」ことです。

雇用保険の加入期間というのは、ひとつ会社で加入していた期間しか認められない・・・
という訳ではありません。

前職で雇用保険に加入していた期間も、通算することができるのです。
転職を繰り返している人なら、前の前の会社での加入期間も通算できます(さらに前でも)。


通算することで支給されなかったはずの失業保険が支給される、また失業保険をもらえる日数が増える
という場合には、絶対に加入期間を通算するべきです。

お得度が全く違いますから。

しかし、落とし穴がひとつあります。

雇用保険加入期間、ハローワークが自動的に通算してくれても良さそうなものですが、
全く期待してはいけません。

ハローワークは雇用保険加入者の詳細な記録を持っています。

ですので、「受付に来た人が、何年何ヶ月、雇用保険に加入しているのか」
は簡単に分かります。

しかし、何も言わないとそこまでは調べてくれません。

こちらから「前職での雇用保険も足してください。」
と申し出る必要があります。

これをしないと、「先日辞めた会社で雇用保険に加入していた年数」
だけで失業保険の受給可否や受給日数が判断されてしまいます。


実際、私も退職したとき
「直近に辞めた会社での加入期間」
だけで失業保険の日数が決められていました。

そのときは知識がなかったので何もおかしいと思わなかったのですが・・・

失業保険をもらえる日数に変化がない範囲だったので損はありませんでしたが、
人によっては数十万円以上もの「もらえたはずの失業保険」をもらい損なう可能性があります。

そして、この「数十万円以上のもらえたはずのお金」を受け取り損なっていながら、
そのことに気づいてすらいない方も相当数いらっしゃることは間違いありません。

この記事を読まれたあなたは、この落とし穴にはまらないように気をつけてくださいね。

■こちらの記事もどうぞ
加入期間、通算できないケース
加入期間何年?はこれで分かる

| »