「その他」カテゴリでは、他のカテゴリに該当しないトピックを扱った記事をまとめています。

「パワハラの定義」
「日本の本当の失業率」
「海外での再就職」
「名ばかり管理職」
「転職回数は会社にばれるのか?」
「失業保険をもらっている間、扶養はどうなるのか?」
「ブラック企業の特徴は?」
「年金、健康保険で扶養に入るタイミング、外れるタイミング」
「退職のとき有給休暇の買い取りを拒否されたんですけど?」
などなど、雑学的な内容から、他の制度に関する疑問点まで幅広い内容を扱っています。

下記の一覧から、興味をひかれた記事をご覧ください。
2011年に起きた東日本大震災。 被災された方の多くが、職を失うことになりました。 職場そのものが消滅してしまったという話も多く聞かれ、 災害の深刻さを思い知らされます。 今回は、災害に伴う失業保険延長のお話です。 宮城・岩手・福島の
パワハラという言葉は、すっかり一般的な言葉として定着しました。 とはいえ、このパワハラという言葉ほど人によって解釈が違う単語も少ないかも知れません。 上司が指導する目的で部下を叱りつける。 会社では日常的な風景ですが、 しかられた部下は、「
完全失業率。 ここ数年は、5%弱の水準を維持しています。 日本の完全失業率が5%。 欧州の10%を超える完全失業率と較べると、 職を失っている人の割合がはるかに少ないように思えます。 また、アメリカの失業率に比べても常に低い数値が出てきていま
ネット上には、失業保険について書かれたブログなどもたくさんあります。 そうしたブログでたまに見る間違いがあります。 「懲戒解雇の場合、失業保険の受給資格を失う」 というものです。 しかし、懲戒解雇されても失業保険をカットされるなどということ
「次の就職は、海外でしたいと考えています。失業保険は出ますか?」 たまに、こういうご質問をいただくことになります。 突き放すようで申し訳ないのですが、海外で再就職を希望される場合、 失業保険はもらえません。 海外で再就職=現地で就職活動をするこ
会社の面接に行ってと「管理職として期待している」 と言われると、ついつい嬉しくなるものです。 高く評価されるのは、誰でも好きですから。 しかし、冷や水をかけるようで恐縮ですが、本当に高く評価されているのでしょうか・・・? 「管理職は、残業代
アルバイト・パート社員と正社員という区別、実は労働基準法や雇用保険法上は存在しません。 雇用保険や健康保険などのいわゆる社会保険に加入するかどうかは、労働時間や雇用契約期間で決まります。 しかし、こういったルールを理解していない会社は多く存在します。
以前の記事で、日本の実質的な失業率は、 一般に考えられているよりもはるかに高いということを書きました。 参照記事: 日本の失業率は10%超? 理由は、日本では「月の最後の1週間に、1時間でも働いたら失業者としてカウントされない」 からでした。
転職を繰り返す。 これは、あまり良い印象を与えません。 ですので、転職回数に比例して、再就職することが難しくなってきます。 海外だと転職=キャリアアップといった解釈がされることも多いのですが、 日本では転職回数が増えれば増えるほどマイナスになり
退職後、失業保険の受給を申請したら、 「雇用保険受給資格者証」という書類が手渡されます。 これには、「雇用保険被保険者番号」 という番号が割り振られています。 転職経験がある人でも滅多に意識していることはないですが、 この「雇用保険被保険者番
退職後、健康保険料など各種社会保険料を節約するために、 扶養に入ろうと考える人も多いです。 さて、扶養に入っても、失業保険を受給できるのでしょうか? 一言でいうと、日額によって、結論が変わります。 これだと、意味が分からないと思いますのでも
失業保険を受給していても、生活費がまかなえない。 このため、アルバイトで不足分の生活費をまかないたいという希望を持たれている方も多いです。 ただ、失業保険をもらっている期間にアルバイトするのは、いろいろとややこしい制限があります。 制限の1点
興味深い記事があったのでご紹介します。 入ってはいけない「ブラック企業の見分け方」。 個人的には、ブラック企業は「入ってはいけない」どころか応募することすら危険だと思います。 辞める人が多いので、一度でも接点ができると言いくるめられて入社まで持ち
会社を辞めて収入が途絶えた状態だと、 大きな負担になるのが健康保険料や年金保険料です。 家族の扶養に入ることができればこれらの負担を負うことはなくなりますが、 その副作用として失業保険の支給対象から外れてしまうことがあります。 このあたりは制度
リストラという言葉は、すっかり首切りの意味で定着してしまいました。 (本来は再構築といった意味です) リストラの標的にされると、悲惨です。 会社からストレートに「辞めてくれ」と言われるのはまだマシな方でしょう。 辞めさせる目的で職場いじめを受け
有給休暇を使わない代わりに、お金でもらう。 いわゆる、有給休暇の買い取りです。 実はこれ、法律で禁止されています。 なぜかというと、有給休暇の主旨に反するからです。 休日を与えない代わりにお金をもらえることを認めてしまうと、 労働者が休み
会社に勤めている間は、健康保険も社会保険に加入しています。 この場合、健康保険料は会社と社員で半分づつ折半して負担しています。 さて、退職した場合、この健康保険料が重くのしかかってくることが多いです。 会社を辞めると、多くの方は、何も考えずに
前回、国民健康保険の代替として、健康保険の任意継続という手段があることをお話しました。 今回は、任意継続について、もう少し詳しく見ていきましょう。 任意継続というのは、文字通り「今まで加入していた健康保険にそのまま加入し続ける」ことです。 退
当サイトのタイトルに使われている「失業保険」。 実は、失業保険という制度は日本には存在しません。 この名称は以前は正式名称でしたが、今はもう使われていないのです。 一般に失業中にもらえる失業保険は、「雇用保険の基本手当」を指します。 ではな
12月に入り、いよいよ今年もあと1ヶ月足らずとなりました。 この時期は、ボーナスをもらってから退職届けを会社に提出、年末年始に退職といったスケジュールで動くのが賢い「退職活動」です。 有給休暇が多く残っている方は、2月まで退職がずれこむこともありま
0120211231 からの電話を「迷惑電話」だと思っていませんか? それは大間違いで、無視しているとヒドい目に遭います。 この項では、その電話の正体を解説しましょう。 退職後は、社会保険料の負担も頭がいたいところです。 社会保険料とは、
退職すると、会社の経理はあなたのために何もしてくれません。 年末になると年末調整でいくらかのお金が余分に口座に振り込まれていた人が多いと思いますが、それもありません。 私もサラリーマン時代は年末調整というと臨時収入をもらった気分になっていました。
さて、前回に引き続き、確定申告のお話です。 前回は 1.再就職せずに年を越した場合、年末調整がされない 2.年末調整がされないと、払いすぎた税金が還ってこない 3.払いすぎた税金を取り戻すためには確定申告が必要 というところまで見ました。
会社を辞めたい、となるとどうしても辞めることにだけ意識が集中してしまいます。 このため、いきなり退職願を上司に提出したり、人事部に辞めると伝えたりといった行動に出る人が少なくありません。 しかし、ビジネスマナーの観点から見ると、これらの行為は全部「
退職したら、会社で加入していた健康保険からは脱退するのが原則です。 脱退のタイミングは、退職日の翌日。 この後は、会社から手渡されていた健康保険証は使えなくなります。 退職前にまとめて有給を消化中といった場合は、有給を全部使い終わるまでは健康
退職後は、所得税や住民税、健康保険料、年金保険料といった各種の税金・社会保険料を自分で支払っていく必要があります。 サラリーマン時代は会社が代行して納付してくれていましたので、それほど気にならなかった人も多いと思います。 しかし、自分の財布からお金
会社から解雇される。 あまり想像したくないですが、このご時世、誰の身に降りかかるか分からない事態です。 さて、解雇されると、解雇予告手当というお金がもらえることはご存じの方が多いと思います。 といってもこの解雇予告手当、解雇されたら必ずもらえ
遠い国の話に聞こえますが、景気は回復しているそうです。 確かに、企業業績は上向きですが、働いている身としては、その恩恵に全くあずかっていない・・・というのが大多数の方の実感ではないでしょうか。 ところで、企業業績が良いと、リストラなどはグッと減ると
「国民健康保険料を払わないでいると、家族に取り立ての手が伸びる」 いきなり聞いても信じられないかも知れませんが、これは十分起こりえることです。 会社を辞めると、多くの方は国民健康保険に加入します。 そして、国民健康保険料は、失業中の身に非常に
<関連記事>・年金保険料を払わずに済ませる 国民年金保険料。 退職後は、この支払いも頭が痛いところです。 月額は1万5千円台ですが、無収入状態であれば決して楽に払っていける金額ではありません。 「しっかり払っておかないと、将来年金がもら
当たり前ですが、退職したら多くの人は、収入が失業保険だけになります。 そのようなときに重い負担になるのが国民年金保険料です。 以前は払わなくても督促状が届く程度だった国民年金保険料ですが、最近は事情が違います。 1ヶ月も延滞しない内から、しつ
2,014年も終わりが近づいてきました。 今年、会社を退職された方も多いと思います。 そういった方には、ぜひ今から準備していただきたいことがあります。 それは、「確定申告の準備」です。 「確定申告?面倒くさいからいいです」 そう思われ
0120963729 見知らぬ番号から、着信がありました。 さて、この着信、どこからかかってきたのでしょうか。 このフリーダイヤル 0120963729 は、国民年金保険料の取り立てを行っている業者の電話番号です。 「株式会社バック
0120506021 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると大変なことになります。 この一連のフリーダイヤル0120-506-021は、国民年金保険料の督促業務を委託された民間業者の
0120931552 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると破滅することになります。 このフリーダイヤル「0120931552」は、国民年金保険料の督促業務を委託された民間業者の電話
0120925997 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると人生の破滅につながります。 この一連のフリーダイヤル「0120-925-997」は、国民年金保険料の督促業務を委託された民
0570000328 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると大変なことになります。 このナビダイヤル「0570-000-328」は、国民年金保険料の督促業務を委託された民間業者の電話
0120987927 見知らぬ番号から、着信がありました。 さて、この着信、どこからかかってきたのでしょうか。 このフリーダイヤル「0120987927」は、国民年金保険料の取り立てを行っている業者の電話番号です。 「株式会社バック
0120967444 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると大変なことになります。 この一連のフリーダイヤル「0120-967-444」は、国民年金保険料の督促業務を委託された民間業
0120756133 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると大変なことになります。 この一連のフリーダイヤル0120-756-133は、国民年金保険料の督促業務を委託された民間業者の
0120185056 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると大変なことになります。 この一連のフリーダイヤル0120-185-056は、国民年金保険料の督促業務を委託された民間業者の
0120925773 見覚えがない番号から、電話がかかってきました。 「ああ、また悪質セールスか」 などと考えていると大変なことになります。 この一連のフリーダイヤル「0120-925-773」は、国民年金保険料の督促業務を委託された民間業