「次の就職は、海外でしたいと考えています。失業保険は出ますか?」
たまに、こういうご質問をいただくことになります。

突き放すようで申し訳ないのですが、海外で再就職を希望される場合、
失業保険はもらえません。

海外で再就職=現地で就職活動をすることになります。

つまり、4週間サイクルでやってくる失業認定日に
ハローワークに行くことができません。

要は、失業認定を受けられないので失業保険が出ないのです。

「失業認定のときだけ帰国したら大丈夫ですよね?」
と食い下がる方もいらっしゃいますが、
「私は悪いことしますけど見つかりませんよね?」
と言われているようなもので、回答しようがありません。

なお、海外にいる期間は、現地の法律が適用されます。
例えば、国民年金保険料は日本国外にいる間は支払う義務がなくなります。

「保険料を払わなくていい」
というとありがたいように聞こえますが、当然代償はあります。

将来帰国したときに年金が支給されないか、
年金額が少なくなったりするのです。

これは一例ですが、このように海外在住時はあれこれ取り扱いが違ってくるのです。

失業保険を支給する国の本音は、
「再就職して、日本に税金を納めてね」
です。

「海外に行くので、今後は日本に税金を払いません」
という人に対しては、かなり素っ気ないのが現実です。
« | »