アルバイト・パート社員と正社員という区別、実は労働基準法や雇用保険法上は存在しません。
雇用保険や健康保険などのいわゆる社会保険に加入するかどうかは、労働時間や雇用契約期間で決まります。

しかし、こういったルールを理解していない会社は多く存在します。
特に、正社員以外は社会保険に全く加入させないという企業は少なくありません。

これを読んで違和感を感じる方は少ないと思いますが、これは完全に違法行為です。

何かおかしい・・・と考えつつも、
「雇われている立場なので、仕方ない」
と我慢して何も言わない人がほとんどですから、会社も違法気づきません。

さて、このバリエーションとして、
「社会保険は完備しています。保険料は、アルバイトなので全額自己負担です」
と説明する会社があります。

こっちは問題ないのでしょうか?

予測できるかと思いますが、問題だらけです。

社会保険料は会社と社員で分担して負担します。
社員が全額を負担するとは、国も法律も言っていません。

ちなみに、逆の場合、社会保険料を会社が全額負担した場合・・・
もともと社員が負担するはずだった社会保険料が、社員の収入扱いになり、所得税などが発生します。

つまり、社会保険料は「会社が全額払う」「社員が全額払う」
両方ダメなのです。

社内の内部が固まっておらず、「社長がルールブック」状態。
そのせいで、法律的にはムチャクチャな状態になっている会社がよくあります。

「設立以来、みんなこういう待遇だから」
と押し切られそうになっても、どうしても納得できなければ調べてみましょう。

「なんで、こんなに長年、違法状態が放置されていたんだ!」
と叫びたくなる可能性は非常に高いのです。
« | »