失業保険を受給していても、生活費がまかなえない。

このため、アルバイトで不足分の生活費をまかないたいという希望を持たれている方も多いです。

ただ、失業保険をもらっている期間にアルバイトするのは、いろいろとややこしい制限があります。

制限の1点目です。
アルバイト料の金額が多いと、その日分の失業保険が出ない、あるいは減らされるということが起こります。

アルバイトをして収入を得たら、その分失業保険が減額するということです。
働こうという意欲を根こそぎ刈り取られますね。

また、うっかり長時間労働を続けてしまうと、
「再就職」
と見なされます。

これの何がまずいかというと、失業保険がもらえなくなる可能性が出てくることです。

「週20時間以上の労働時間、31日以上の雇用見込み」
という条件で働くと、失業保険の受給に必要な雇用保険に加入する義務が発生します。

短期アルバイトのつもりがこの条件に当てはまってしまい、
「受給予定の失業保険が再就職したと見なされて受給資格を失った」
という悲惨な事態に陥る人は、想像以上に多いです。

以前は、雇用保険に加入するには「1年以上の雇用見込み」が必要でした。
このため、短期アルバイトでは再就職扱いになることはなく、この手のトラブルはほぼ起こりませんでした。

法改正によって雇用保険への加入条件が
「1ヶ月程度の雇用見込み」になったために頻発するようになった印象です。

1ヶ月になった理由は、
「アルバイトでも、雇用保険に加入できるようにしよう」
という主旨で、もともとはアルバイトで働く人を保護する目的でした。

しかし、これがアルバイトで働く人にとって不利益に直結する場合もあるということです

労働時間も限られているから大丈夫・・・と油断してはいけません。

何も考えずにアルバイトをしていると、上から「ちょっとシフト多めに入ってくれない?」
という頼みにあっさり応じてしまい、結果として失業保険の受給資格を失うこともあるのです。

「1ヶ月以上の短期アルバイトは避ける」
「何としても、1週間の労働時間を20時間未満に制限する」
ことを常に念頭においておかないと、あっさり落とし穴に落ちます。
« | »