前回、国民健康保険の代替として、健康保険の任意継続という手段があることをお話しました。

今回は、任意継続について、もう少し詳しく見ていきましょう。

任意継続というのは、文字通り「今まで加入していた健康保険にそのまま加入し続ける」ことです。

退職していますから、会社が今まで負担していてくれた保険料がなくなります。

よって、単純計算で健康保険料は2倍となります(上限があるので、2倍以下で済むこともあります)。

しかし、おそらく国民健康保険料は2倍どころでは済まない人が多いですから、十分にメリットはあります。

多くの場合、任意継続の方が負担が少なくなるでしょう。
失業保険以外に収入のあてがない時期だと、出費は抑えるに越したことはありません。

任意継続が有利なのは、「なるべく加入させないようにしている」「すぐに脱退扱いにする」という点に表れています。

まず「なるべく加入させないようにしている」のは、任意継続は退職後20日以内に手続きをしないと加入できない点を指します。

これは、「20営業日」ではありません。純粋に20日です。

ですので、退職が年末年始の時期だったりすると、ずっと役所が閉まっているのにタイムリミットは容赦なく近づいてくる・・・という事態になりがちです。

また、任意継続の手続きには退職関係の書類が必要です。

ここでも落とし穴があります。

いい加減な会社の場合、なかなか退職者への書類を送ってこないことがあります。
単純に、後回しにされるのです。

この結果、書類がそろった時点ですでに退職日を20日過ぎていたということも珍しくありません。

「すぐに脱退扱いにする」のも困った点です。

毎月の支払いが1日でも後れると、即、脱退扱いです。

再加入も一切認められません。

こうなると、保険料が馬鹿高い国民健康保険行きになります。

このように、任意継続は制度設計からして「入りにくく、強制的に脱退させられやすい」のが特徴です。

利用するにはそれなりのスケジュール管理が必要になります。
« | »