退職すると、会社の経理はあなたのために何もしてくれません。

年末になると年末調整でいくらかのお金が余分に口座に振り込まれていた人が多いと思いますが、それもありません。

私もサラリーマン時代は年末調整というと臨時収入をもらった気分になっていました。
しかしこれは臨時収入でも何でもなく、余分に払っていた税金を精算して払い戻してもらっていたに過ぎません。

つまり、年末調整で還ってきていたお金は、もともとはあなたのお金です。

ということは、退職後年末調整をしないと、そのお金をもらいそこねる、ということになります。

税金を余分に支払うと言い換えてもよいでしょう。
税金を余分に払うと表現すると、何となく損を実感できるかと思います。

さて、この余分に払っている税金は、退職後でも取り返すことが可能です。

会社が年末調整をしてくれないのであれば、自分で確定申告をすればよいのです。

確定申告をしたことがない方は、「そんな申告をすると税金を取られるだけじゃないか」と思い込んでいる場合があります。

しかし、確定申告というのは別に税金を支払うために行うばかりではありません。
税金を払いすぎていた場合は、確定申告をすることで還付が受けられるのです。

そして、サラリーマンである以上、各種の税金は余裕をもって多めに給与から引かれています。

つまり、去年まで勤めていて会社から年末調整を受けていない人だと、多くの場合は納め過ぎた税金が戻ってきます。

収入源が失業保険しかない時期に、これをやらない手はありません。

確定申告は「難しそう」というイメージを抱いている方が多いようですが、サラリーマン時代に納め過ぎた税金を還付してもらう場合は、全く複雑なことはありません。

続きは次回に。
« | »