退職したら、会社で加入していた健康保険からは脱退するのが原則です。

脱退のタイミングは、退職日の翌日。

この後は、会社から手渡されていた健康保険証は使えなくなります。

退職前にまとめて有給を消化中といった場合は、有給を全部使い終わるまでは健康保険証を手元において使うことができます。

使えなくなるのは、あくまで退職日の後です。

では、退職日が経過した後に病院で「期限切れの」保険証を使用した場合、保険が適用されずに10割の金額を支払わなければならないのでしょうか?

実は、その場合でも窓口での支払いは3割で済みます。

しかし、これは支払いに健康保険が適用されているわけではありません。

単純に、病院が「その保険証がすでに期限切れになっている」ことを把握できていないだけです。

この場合、後日、脱退した健康保険組合から差額の請求書が送られてきます。

簡単にいうと、支払いを先延ばしにできるだけです。


では、治療費は全額負担しなければならないのか?というとそれも間違いです。

差額は、「次に加入する健康保険」が負担してくれるからです。

退職後に加入した健康保険(一般的には、国民健康保険)に申請することで、自己負担した7割分の差額は返還されます。

なぜこのようなことが起きるかというと、「健康保険には、1日のタイムラグも発生しない」というのが日本の健康保険制度の建前だからです。

つまり、治療費を全額支払った後に加入した健康保険でも、「前に加入していた健康保険を脱退した翌日」に加入した扱いをされるので、差額が返還されてくるのです。

感覚的にはピンと来ない人も多いと思いますが、これを把握していないと、全額自己負担した治療費を請求し忘れた・・・ということになりかねません。

書類1枚で支払った治療費が還ってくるのですから、忘れずに申請したいところです。
« | »