失業保険をもらいつつアルバイトで収入を得ていても、不正受給にならない方法はあるでしょうか?

あります。

たまに、この方法を
「失業保険をもらいつつアルバイトで収入を得ていても、不正受給にならない裏技!」
などと言って結構な値段をつけて販売している業者もネット上で見かけます。

しかし、これを裏技というのはちょっと無理があります。
失業保険の受給手続きをした後に出席するハローワークの説明会で、必ず説明される方法だからです。

ということで、その方法を無料で公開してしまいましょう。

「アルバイトをした日と収入額を、ハローワークに申告する」。
以上。

シンプル過ぎて、逆に信じられないかも知れません。

しかし、事実です。

失業保険をもらっている期間中にアルバイトをすることは、実は認められているのです。

「アルバイトはしてもいいです。でも、収入があったらハローワークに申告して下さい」
ハローワークから受ける注意はこれだけです。

しかし、多くの方が「アルバイトをしたら、不正受給になってしまうのではないでしょうか?」
と不安に思われています。

説明会で聞いたことなど、それほど正確に覚えていないですからね。

しかし、無制限にアルバイトが認められているわけではありません。
ここに、落とし穴が存在します。

しかも、その落とし穴は複数ありますので、予備知識を持っていない人は案外あっさり落ちてしまいます。

次回は、失業保険をもらいながらアルバイトするとき、はまりがちな落とし穴についてお話しします。

■こちらの記事もどうぞ
受給中アルバイトの落とし穴
不正受給すると逮捕される?
不正受給、見逃される理由とは?

« | »