人を雇った場合、法人・個人事業主を問わず雇った人を雇用保険に「加入させる」義務があります。

しかし、「失業保険をもらいつつこっそりアルバイトをして収入を補填したい」などと考える人は、雇用保険に加入してしまうと致命的です。

なぜなら、雇用保険に加入した時点で再就職扱いとなり、ハローワークは失業保険の給付うを打ち切ってしまうからです。

所定給付日数があと何日残っていたとしても、打ち切ります。

収入の補填をしたいという目的で始めたアルバイトで失業保険を打ち切られたのでは泣くに泣けません。

さて、こういった事態を避けるにはどうしたら良いのでしょうか?

先ほど、「こっそりアルバイトをして」と書きましたが、こっそりする必要もありません。

これは、雇用保険の加入条件を見てみると分かります。
・週の所定労働時間が20時間以上
・31日以上雇用の見込み

言い換えると、雇用保険に加入せずに済ませるには、上の2条件のどちらかから外れればよいのです。

例えば、週の労働時間を20時間未満におさえるために、1日8時間の労働を週2日といった具合です。

31日雇用の見込みという条件を外れるには、1ヶ月以内で終わる短期アルバイトを狙うのがよいでしょう。

これらのポイントさえおさえておけば、失業保険をもらいつつアルバイトをしても不正受給に該当しません。

堂々とアルバイトできるわけです。

ただ、基本手当日額が減らされたり、アルバイトをした日の失業保険が全く出ないという調整が行われますので、その点は注意する必要があります。
« | »