「試用期間」カテゴリでは、再就職した直後に起きやすい、試用期間を巡るトラブルについて解説しています。

最近では、試用期間だからといって社会保険にも加入させない悪質な企業が多く見られます。
しかし、知識がないと「そういったこともあるのか」と会社のいいように使われることになります。

そういった「都合のいい人にならない」ための基本知識です。

それでは、下記の記事一覧から読みたい記事を選んでください。
失業保険の受給資格を得るには、 一定期間、雇用保険に加入している必要があります。 何度も触れましたが、会社都合退職で6ヶ月、自己都合退職で1年。 この加入期間だと、「失業保険がもらえないか、もらえるか」 の人にとっては1ヶ月の雇用保険加入期間の
退職し、新たに別の会社に再就職した場合。 ほとんどの会社では、数ヶ月間の試用期間があります。 一般的には、試用期間は3ヶ月程度が相場です。 慎重な会社だと、試用期間が半年に及ぶこともあります。 さらに、勤める側としてはあまり嬉しくない話ですが、
「試用期間は何ヶ月までOK?」 では、試用期間の限度は最大でも1年程度。 3ヶ月~半年が常識的なラインだとお話しました。 さて、試用期間中の社員の取り扱いについて、 妙な勘違いが横行していますので今回はそのお話。 その勘違いとは、