退職し、新たに別の会社に再就職した場合。
ほとんどの会社では、数ヶ月間の試用期間があります。

一般的には、試用期間は3ヶ月程度が相場です。
慎重な会社だと、試用期間が半年に及ぶこともあります。

さらに、勤める側としてはあまり嬉しくない話ですが、試用期間は終了後、延長しても構いません。

具体的に見てみましょう。

・3ヶ月間の試用期間が終了した
・しかし、本採用は少しためらう人材だ
・辞めてもらいたいほどではない

採用した社員がこういった微妙なラインにいる場合、試用期間を延長してもよいことになっています。

雇われる側としては引き続き不安定な立場におかれるわけで、文句を言いたくなるかも知れません。
しかし、立場は圧倒的に会社側の方が上です。拒否するなら、業務命令違反として処分されても文句はいえないでしょう。

とはいえ、もちろん試用期間の延長が無尽蔵に認められているわけではありません。

では、実際にはどの程度まで延長しても問題ないのでしょうか?

実は、労働基準法などの法律には明記されていません。
実務上は長くても1年。一般的には3ヶ月~半年が問題にならない範囲とされています。

試用期間はどれだけ伸ばしても、合計で1年を超えるのはさすがに理不尽だ、
と国も判断していることになります。

といっても、1年も不安定な立場で働くというのは精神衛生上よくありません。

会社の自分に対する評価はまず低いと考えて間違いありませんから、
そうした会社からはそうそうに立ち去るのも正しい判断です。


さて、試用期間には、多くの企業が勘違いしている落とし穴があります。

次回は、その落とし穴についてお話します
« | »