フリーランスと失業保険

会社を辞めた後、フリーランスの道を歩む方も大勢おられます。

ところが、フリーランスを志す人と、失業保険の相性は良くありません。

失業保険というのは「企業への再就職活動のために支給されるお金」ですから、企業に所属しない生き方を選択した時点で、いろいろと冷たい扱いを受けることになります。

そうした中で、何とかうまくやっていくために、下記一覧の記事で落としどころをさぐってみてください。
フリーランスと失業保険・・・と、不正受給| 失業保険.com
退職した後、失業保険を受給しつつ、同時にフリーランスとして活動している、 という方は、表舞台には滅多に出てきませんが、実数としては相当数おられるでしょう。 こうした方は表舞台に出てこない理由は明白で、早い話が不正受給に該当するからです。 ・フリー
フリーランス、不正受給でバレる| 失業保険.com
前回 「フリーランスと失業保険・・・と、不正受給」では、退職後、 フリーランスとして活動を始めた時点で失業保険をもらえなくなることをお話しました。 そのまま失業保険をもらい続けると、不正受給になります。 「フリーランスといっても、活動を始めたば
フリーランス、不正受給がバレる理由| 失業保険.com
前回「フリーランス、失業保険の不正受給でバレる」では、 フリーランスの失業保険不正受給は通報によって明るみに出やすい、 ということをお話しました。 今回は、「意外とみんなが忘れていて無防備になっている」 不正受給がばれてしまうルートについて。
フリーランス、不正受給がバレる理由2| 失業保険.com
今回は、フリーランスが、失業保険の不正受給がバレる理由、その2です。 不正受給が明るみに出るひとつめのパターンは、第三者からの通報でした。 この他、フリーランスの不正受給がバレるありがちなパターンは、収入です。 ここで言う収入は、「仕事の対価とし
自営でも失業保険をもらえる条件| 失業保険.com
自営業には、失業保険は無縁だと思っている方が多いかも知れません。 確かに、自営業をしていて廃業した場合、失業保険をもらうことはできません。 自営業者は、雇用保険に加入しないのですから給付金にあたる失業保険をもらう資格がないのは仕方ないことなのです。