今回は、フリーランスが、失業保険の不正受給がバレる理由、その2です。
不正受給が明るみに出るひとつめのパターンは、第三者からの通報でした。

この他、フリーランスの不正受給がバレるありがちなパターンは、収入です。

ここで言う収入は、「仕事の対価として、もらった代金」のことです。

仕事の依頼を受けてこれを遂行したら、もちろん代金を受け取ります。
この代金は、仕事を依頼した側から見たら経費になります。


仕事の依頼人が企業であれ個人であれ、毎年確定申告をします。
経費の支払い先に、フリーランスとして活動する自分の名前があった場合・・・

収入を得ていたことは明白ですね。

こうして、依頼人が確定申告をしてしばらくたった頃。
つまり忘れた頃に、失業保険の不正受給が発覚します。

この不正受給の発覚、何とか逃れる方法はないでしょうか?

報酬を手渡しでもらい、領収書の発行も見逃してもらえば可能かも知れません。
しかし、そんなことを頼んで聞き入れてくれる依頼人はいないでしょう。

依頼人の立場で考えるとすぐ分かりますが、イコール経費で落ちないことを意味するからです。

しかも、もらったお金は確定申告できないので、脱税にまで手を染めることになります。
失業保険の不正受給と脱税では悪質さに天と地の差があります。

このため、いったん手を染めると、隠蔽に隠蔽を重ねるしかない泥沼にはまります。
絶対に足を踏み入れてはいけない世界です。

世間にはこうしたことを実践して、しかも全くペナルティを受けていない人がいることは事実です。
しかし、ペナルティを受けていないのは単に「人員不足で綿密に調査されていない」からに過ぎません。

いったん役所の側から「何かおかしいなこの人」という印象を持たれると、
あっという間にあぶり出されてしまうのです。

■こちらの記事もどうぞ
フリーランス 不正受給がバレる 
自営の不正受給がバレる確率
自営に失業保険が出ない理由
« | »