引き続き、会社を辞めるときに有休を消化できない場合の対策です。

簡単に今までのおさらいをします。
「仕事の引き継ぎの関係で有給消化できない場合でも、有給を放棄させる権限は会社にはない」
「引き継ぎをタテに、有休消化期間中も出社を強要する会社があるが一切聞いてはならない」
「引き継ぎが終わらないなら、退職日の延長をお願いする」
ざっくりですが、こんな内容でしたね。

さて、それでも有給消化ができず、退職日も延長できないといったケースも出てきます。
こうなると、もう観念して有給休暇をあきらめるしかないように思えます。

現実でも、同じ状況におかれると、
あきらめて有給休暇を返上してしまう方が多いようです。

しかし、退職後の数ヶ月は収入が失業保険だけになります。
その状況で1,2ヶ月分の給料がもらえる有給を捨てるというのは個人的には自殺行為に思えます。

月あたりの額も、失業保険より給与の方が当然多いですからね。

どうやっても仕事の引き継ぎが終わらず有給休暇が取れない場合。
「有給を買い取ってくださいと会社に頼む」
ことが可能です。

つまり、有給休暇を捨てるという選択ではなく、
残るであろう有給休暇を会社に買い取ってもらうのです。

もともと、有給休暇の買い取りは法律で禁止されています。
しかし、会社を辞めるにあたってまとめて取得するケースに限り認められています。

なぜか?というと・・・長くなりますし、あまり今回のお話では重要でないのでカットします。

これなら、
有給休暇を放棄せずに、引き継ぎをきちんと済ませることができます。

しかし、有給買い取りも良い点ばかりではありません。
欠点もあります。

会社が有給の買い取りを行うかどうかは、会社の意思に任されているという点です。

法律で、「会社は、残った有給を買い取らなければならない」
とは一切決められていません。

このため、強制はできないのです。

「それだと、絶望的です。私が勤めている会社、辞める人に有給なんか取らせてくれませんから・・・」

そんなことは気にされる必要はありません。
強引に有給消化に入ってしまって構わないのです。

強引に有給消化に突入すると、「業務命令違反だ。懲戒解雇になる」
と脅してくる会社があります。

しかし、話が表に出たら困るのは会社の方なのです。
この程度の陳腐な脅しに騙されてはいけません。

繰り返しになりますが、退職後は、当面の収入は失業保険だけになります。
このような状況で、2ヶ月分の給与をみすみす取り逃す理由はどこにもありません。
« | »