離職票が会社から届いたら、失業保険の申請手続きは準備完了です。

さて、失業保険の申請にハローワークに行くのですが、
ここでふと気づくことがあります。

「どこのハローワークに行けばいいんだろうか?」

普通に考えると、
家から一番近いハローワークか、それとも会社の近くにあるハローワークになりそうです。

しかし、どちらも正確ではありません。
正解は、「自分の現住所を管轄するハローワーク」です。

ハローワークの管轄するかは決まっています。
台東区なら、ハローワーク上野といった具合ですね。

管轄は、本人の希望で変更することはできません。

このため、区の端の方に家がある人は
家から距離があるハローワークに行くハメになることも少なくありません。

これは解決策がありませんので、従うしか手がないのが現実です。

「何か手はないか」などと考えるのは時間の無駄ですので、
現住所を管轄するハローワークに失業保険の申請に行って下さい。

といっても、他のハローワークが一切使えないということはありません。

ハローワークにある端末を使った求人の閲覧、就職相談は
住所を管轄するハローワークでなくても可能だからです。

住所を管轄するハローワークと家が遠い場合、
失業保険の申請や失業認定といった指定された手続き以外は、
近くのハローワークで活動しても問題ありません。

さて、
退職後に引っ越しをして住所が変わる場合はどうなるのでしょうか?

ちょっとの手続きで申請可能です。
過去の記事で解説していますのでよろしければご覧ください。

不安に思われる方が多いようですが、
全く問題なく解決できます。
« | »