退職が決まったら、退職願を会社に提出することになります。

さて、退職願には退職理由を記すのですが、この理由を「どうかこうか?」と真面目に悩んでしまっている人をときたま見かけます。

これは、悩む必要などない問題です。

なぜかというと、退職願に書くべき退職理由はただひとつ、「一身上の都合」だけだからです。

本当の退職理由が何かというのは、この際関係ありません。

単に、形式上、ビジネスマナー上、「一身上の理由により」と書くのが礼儀とされています。

逆にいうと、本当の退職理由を長々と書くのはルール違反ということになります。


一方、本当の退職理由を述べるのは、失業保険の受給手続きをするときです。

本当に自分から辞めたくて辞めたのであれば、自己都合退職です。

しかし、会社から毎日退職を強要されるなど、強制的に退職に追い込まれた場合、退職願に書いた「一身上の都合」という退職理由は忘れなければなりません。

ここでは、会社を辞めた本当の理由をきっちりと説明しなければなりません。

つまり、退職理由は状況に応じて使い分ける必要があるのです。

退職願に「上司から退職を強要された」と書けば書き直しを命じられるのが落ちですし、ハローワークで「一身上の都合により退職」と申告すれば自己都合退職にされてお終いです。

実際は辞めることを強要しているにも関わらず、自己都合退職で処理するためには会社はあらゆる手を使ってきます。

それに対処するためには、こちらもそれなりに本音と建て前を使い分ける必要があるのです。
« |