質問:

契約社員として働いています。
今までのところ、2ヶ月契約で2回更新しました。

次回の更新タイミング、半年勤務したところで契約を更新せず、退職希望です。

その場合、失業保険をもらう条件は「自己都合退職」になって3ヶ月の受給制限期間がつくのでしょうか?
それとも「会社都合退職」扱いなって翌月からもらうことができるのでしょうか?

回答:

契約社員の契約更新タイミングでの退職が、自己都合退職になるか、会社都合退職になるかですね。

これはふたつのパターンに分かれます。
順番に解説させていただきますね。

1.社員側が、契約更新を希望しなかった場合

会社が更新を希望したにもかかわらず、社員側が更新を拒否した場合。
この場合は、残念ながら自己都合退職となります。

つまり、失業保険をもらうまでに3ヶ月の受給制限期間がついてしまいます。

2.会社側が、契約更新を希望しなかった場合

社員が契約更新を希望しているのに会社側から更新を拒否した場合です。

こちらの場合は、会社都合退職となり、退職した翌月から失業保険をもらうことが可能になります。


なお、以下は補足になります。
半年の期間で辞められて、さらに自己都合退職になった場合、失業保険そのものをもらえない可能性が高いです。

なぜかというと、自己都合退職の場合、失業保険をもらうためには最低1年間の雇用保険加入期間が必要だからです。
(雇用保険加入期間=フルタイム勤務で休職期間などがなければ、勤務期間と考えてまず大丈夫です)

前職を辞めてすぐに今の会社で働き始めたなど、以前の雇用保険加入期間と通算できる場合は結論が違ってきますが、
このまま辞めるとかなり金銭的に厳しい状況に陥る恐れがあります。

念のため、最寄りのハローワークで雇用保険の加入期間を確認されることをお勧めします。
最低限、身分証明書を持参すれば調べてもらえます。

■こちらの記事もどうぞ
加入期間何年?はこれで分かる

« | »