質問:

ハローワークで失業認定を受けるには、
決められた回数の求職活動をしなければいけないと説明を受けました。

求職活動を報告するのですが、ハローワークは追跡調査をするのでしょうか?

もらった書類には、応募先の電話番号、求職活動の内容など記入する欄があります。


回答:

求職活動の実績についてハローワークが裏付けを取るかどうか?ですね。
求職者の数と職員の数を考えれば分かりますが、日常的には行いません。

しかし、申請内容に不審な点がある場合には当然ですが追跡調査が行われます。

申請した内容がデタラメを並べ立てたものであった場合、
形の上では詐欺罪に問われても文句はいえません。
(実際に逮捕されるか?といえばさすがにされないでしょうが)

ハローワーク主催の求職セミナーなど、負担が少なくて求職活動と認められる活動も多くあります。

応募したい会社が見つからず、いまいち気が進まない・・・という場合は、
そういった活動をこなすのがお勧めです。

入りたくもない会社に応募されたら、面接する側も迷惑ですし、
お互いに時間と手間のムダになってしまいます。

以下は、補足情報です。ご参考にされてください。

・求職活動の回数は、1回~3回と、ハローワークによって差があります。
・求職活動として認められる内容についても、大きな違いがあります。
ゆるい所だとハローワークの端末で求人情報を閲覧しただけで求職活動の実績となりますが、
厳しいところだと企業への応募・面接が基準になっているハローワークもあります。
(他にも求職活動の実績となる活動があります。上記の求職セミナー出席など)
« | »