7月22日以降、全国のハローワークでシステム障害が発生中です。

障害の内容ですが、一言でまとめると「求職者用の端末で、求人情報の更新がされない」状態です。

つまり、今ハローワークに行って求人情報を検索しても、すでに募集を締め切った求人募集を目にしてしまう可能性があります。

本来、ハローワークで求職者が利用する情報端末は、30分に1回の情報更新が行われていました。

この仕組みが稼働していたため、企業が「もう求人募集は締め切りたいと思います」とハローワークに連絡すれば、すぐにその求人情報は端末の検索結果に出なくなっていたのです。

しかし現在は、上記のようにすでに募集を締め切った企業の求人情報も検索結果に出てきてしまう状態です。

現在でも1日1回の情報更新は行われているため(夜間に更新)、古すぎる情報ばかりを目にするといった状況ではありませんが、不便なのは事実です。

ハローワークの発表によると、職員が利用している情報端末については、従来通り30分単位での求人情報更新が行われているようです。

このため「最新情報を確認するには、窓口で」とのコメントが出ていますが、ハローワークの求職相談員が対応している窓口はただでさえ混雑していますので、気軽に確認に行ける状況とはいいづらいです。

結局、復旧を待つしかない状態になっています。

それまでの間、ハローワークを使った求職活動はかなり効率が悪くなってしまっていると言わざるを得ません。

復旧を待つよりは、他のメディアを使って求人を探した方が手っ取り早いでしょう。
« | »