「求人」カテゴリでは、求人記事を見るにあたってチェックしておきたい項目を解説しています。

採用する気がなくて「とりあえず募集を出している」ような会社には応募するだけ無駄です。
また、いい条件で釣って面接のときに急に悪い条件を提示するような会社は「人を使い捨てる気満々」と解釈してよいでしょう。

そういった妙な会社に引っかからないためのチェックポイントをまとめました。

下記の記事一覧から、興味を引かれたものをお選びください。
「ハローワークにはロクな求人がない」 というのは、よく耳にします。 ロクな求人がないというのは個人的には正しくないと思っています。 しかし、「ろくでもない求人が混ざっている」ことは確かです。 例えば、下記のような会社の求人が普通に掲載されていま
ハローワークにはあまり良い求人がないことは、 「ハローワークの求人にはブラック企業が多い?」 で触れました。 さて、ハローワークにはなぜ「がっかり求人」 が多いのでしょうか? 今回は、その理由についてもう少し掘り下げてみます。 ハローワ
ハローワークは、国の機関です。 ですから、 「そこに求人を出している企業に、ブラック企業はないだろう」 と思っている方もいます。 この考えは、非常に危険です。 ハローワークにある求人にも、ブラック企業は珍しくありません。 いやむしろ、他
ハローワークの端末で求人検索すると、必ず目にする企業がいくつか出てきます。 失業保険をもらう前ともらっている最中を合わせると6ヶ月程度になることが多いですが、その6ヶ月の間、ずっと求人枠が埋まっていないことを意味します。 こういう求人を見ると、ブラ
ハローワークの求人情報で、月給25万円となっていた正社員の求人に応募して、採用されました。 しかし、いざ再就職してみたら、月給15万円で、しかも半年更新の契約社員でした・・・ つまり、求人情報での労働条件と、実際での労働条件が全く別物という状態です