ハローワークにはあまり良い求人がないことは、
「ハローワークの求人にはブラック企業が多い?」
で触れました。

さて、ハローワークにはなぜ「がっかり求人」
が多いのでしょうか?

今回は、その理由についてもう少し掘り下げてみます。

ハローワークに「残念な求人」が多い理由は、前回記事でも書きましたが
「採用する気が薄い会社」や「お金がない会社」
が多いからです。

「採用する気が薄い会社」
がなぜ求人しているの?という疑問を抱かれるかも知れません。

それは、ハローワークなら、求人が無料でできるからです。

「ほとんど採用する気はない。しかしとても優秀な人が応募してきたら考える」
という会社なので、求人に費用はかけられません。

よって、無料で求人を出せるハローワークで募集をかけることになります。

このような会社が、
「優秀な人」に見合うほどの待遇を用意していることはまずありませんので、
やるだけムダな行為という気もします。

しかし、現実にはこのような求人を出している会社は非常に多いのです。

この手の会社の特徴は、ずっと求人を出し続けていることです。
少し長期的に観察すれば、すぐに見抜くことができるでしょう。

「お金がない会社」
も、気をつけなければならない求人です。

ハローワークで求人するのは無料ですから、
お金がない会社にとっては非常にありがたいサービスです。

しかし、求人をするのにまったく費用をかけられない・かける気がない会社というのは、
「社員にお金をかける気がない」
可能性が高い、ということでもあります。

この「社員にお金をかける気がない」
というのは給料に限りません。

教育費や社員が快適に仕事できる職場環境などをおろそかにしている会社が、
残念ながら多くみられます。

面接に行ってみて「ウチ、社会保険はないんだよね~」
などと言われたらほぼ完全にアウトです。

そういう会社が、求人票には「社会保険完備」などと記載していたりします。

つまり、「良いことだけ書いて人を集め、採用のときに条件を落とす」
という手口です。

そのような会社に勤めても、勤める立場からしてみるとあまり良いことがないことは、簡単に想像がつきます。

このように、ハローワークの求人は「無料」であることから妙な会社が入り込んでいる度合いが高いのです。

もちろん、全部が全部そういう求人というわけではありませんが、
掲載にお金がかかる他媒体と比べて、要注意求人の割合が高いことは否定できないのです。
« | »