ハローワークの端末で求人検索すると、必ず目にする企業がいくつか出てきます。

失業保険をもらう前ともらっている最中を合わせると6ヶ月程度になることが多いですが、その6ヶ月の間、ずっと求人枠が埋まっていないことを意味します。

こういう求人を見ると、ブラック企業では?という警戒心が働くかも知れません。

もちろん、就職した人がすぐに退職するため、常に社員を募集しているような会社の割合が高い傾向はあります。

こうした会社は、いわば人材の使い捨て前提でハローワークに求人を出しているのですから、ブラック企業と考えて差し支えありません。

再就職しても、短期で離職に追い込まれる可能性大です。
関わりをもってはいけません。

人がさっぱりいつかない会社についてはハローワークの職員もある程度把握しています。

そういう場合は、「この会社の面接を受けたいのですが」と就職相談に行くと、やんわりと「辞めた方がいい」と教えてもらえます。

ハローワークの立場からしても、再就職→すぐに離職→また失業者・・・というのは避けて欲しいループだからです。

このように、興味があるけど、ずっと求人を出していてどうも怪しい・・・
と感じたら、ハローワーク職員の手を借りるのが手っ取り早いでしょう。

一方、短期で社員を離職に追い込むような体質でなくとも、ずっと求人を続けているような会社も存在します。

こういう会社は「いい人がくれば取りたい」程度でハローワークに求人掲載しています。

この手の会社に再就職できれば短期で退職に追い込まれることはありません。
しかし、そもそも採用意欲自体が低いという問題があります。

こういった、あまり時間と手間をかけるべきではない会社も、ハローワークの求人には混ざっています。

これは企業側に金銭的な負担が全くないことが原因です。

何の負担もなく、1年中求人を掲載することができるため、ずっと求人している(少なくとも表向きは)会社が出現することになります。

求人の検索結果に大量のノイズが混ざることになるので、再就職活動の妨げとして作用することの方が多いでしょう。

しかし、こうした会社を排除してしまうと求人倍率が下がることになるので、なかなか対応できないというのが実情なのかも知れません。
« | »