ハローワークの求人情報で、月給25万円となっていた正社員の求人に応募して、採用されました。

しかし、いざ再就職してみたら、月給15万円で、しかも半年更新の契約社員でした・・・

つまり、求人情報での労働条件と、実際での労働条件が全く別物という状態です。

人が集まらない企業などで、今でも横行している脱法的求人手段です。

こういう求人が取り上げられると、よく「ハローワークは求人情報をちゃんとチェックしているのか」という批判の声があがります。

しかし、実はこれ、やり方次第によっては合法なのです。

「違法」ではなく「脱法的」と書いたのはそれが理由です。

その手口を解説します。

まず、ハローワークの求人情報に掲載した労働条件は、守らなければなりません。
労働条件というのは、給与の金額や契約期間です。

しかし、これを守らなくても、会社が違法行為をしたと言い切れない(黒よりの灰色ではありますが)逃げ道があります。

それは、面接時に「ハローワークでの募集はもう埋まった」「別枠で、契約社員の採用なら可能だけど・・・」と求職者に切り出してなし崩し的に入社させてしまうことです。

いったん労働契約書に署名・捺印してしまうと、それは有効になります。

その結果、初めにあげた例でいえば25万円の給与で正社員に再就職、のはずが15万円の給与で契約社員で働くはめになるのです。

簡単にいうと、別物の求人枠を作ってしまうという手口です。

一方、完全に違法なやり口もあります。

言うまでもありませんが、労働契約書とは全く違う条件で働かせることです。

しかし、どちらであれ、求人情報の条件を見て再就職をしたいと考えた側にとっては裏切りでしかありません。

そのような会社には、関わるべきではありません。

退職後、転職活動が長期化して不安になっていて「とにかく内定が欲しい」という精神状態になっている人を食い物にする会社は未だに存在します。

こんな手口には、絶対に引っかからないようにしてください。
« |