会社に勤めながら転職活動をする場合、
平日はほぼ拘束されていることがネックになります。

「ハローワークで手続きをしたいけど、内勤なので行けない」
と嘆く声も聞きます。

しかし、平日がまるごと拘束されていても、心配する必要はありません。

一部ですが、土曜日も業務を行っているハローワークがあるからです。

平日しかハローワークが開いていない場合、実質的に利用できない方がいるので、
このような配慮がされているのです。

「会社を辞めて、平日の昼間に来られる身分になってから来てください」
では、あまりにもお役所仕事過ぎますからね。
(といっても、昔のハローワークは土日祝しっかり休んでいたわけで、このお役所仕事そのものでした)

しかし残念ながら、日曜日や祝日はお休みです。

また、土曜日にハローワークで行われている業務内容もちょっと制限がかかっています。

就職相談がメインになっていて、
失業保険の受給手続きといった業務は行われていないことがほとんどです。

ハローワークにある求人は「ハローワークインターネットサービス」でも検索できますから、
特に行く必要性を感じないかも知れません。

しかし、ハローワークインターネットサービスでは公開されていない求人も、
ハローワークにある端末上では参照できることが多々あります。

また、会社を退職後に職業訓練校に行こうと考えている方は、
会社を辞める前から当たりをつけておいた方が退職後すぐに動けて有利です。

ハローワークはお役所ですから、土日祝はやっていない、と考えている方が多く、
土曜日は意外と空いているところも多いです。

「平日は会社に拘束されていてハローワークなんか行けない」
と思っている方は、お近くのハローワークが土曜日に開いていないかどうか、
一度確認されてみることをお勧めいたします。

ちなみに、就職相談はどこのハローワークでも受け付けてもらえます。
土曜日に業務を行っているハローワークが管轄外のハローワークだったからといって、
門前払いをされることはありません。

一方、失業保険の手続きなどは管轄のハローワーク以外では受け付けてもらえません。

このふたつは区別しておいた方が、無駄足を踏まずに済むでしょう。
| »