「職業訓練」カテゴリでは、文字通り、職業訓練の基本からうまい利用法について解説しています。

職業訓練に通うことで失業保険の受給日数が増えるというのは広く知られています。
しかしこれも、「受講しさえすれば、必ず失業保険をもらえる期間が長くなる」と誤解していると酷い目にあうことがあります。

転ばぬ先の杖ではありませんが、職業訓練をうまく利用するため、最低限の知識は身につけておくことを強くお勧めいたします。

後から間違った選択をしたことに気づいても、やり直しがきかない分野だからです。

それでは、職業訓練カテゴリの各記事は下記一覧から選択してください。

「失業保険を延長するには、職業訓練に行けばいい」 ネットで失業保険関連のサイトを見て回ると、よく見かけるフレーズです。 職業訓練に行くとなぜ失業保険が延長できるのかというと、 訓練を受けている期間中は失業保険がもらえるからです。 職業訓練は3ヶ
職業訓練のメリットは沢山あります。 一番は、技能を身につけて再就職に役立てることです。 職業訓練というと、失業保険が有利にもらえる点ばかりが強調される傾向がありますが、 それはあくまでもオマケ的なものに過ぎません。 さて、職業訓練に通うことで本
「職業訓練を受講すると、終了まで失業保険が延長される」 というのは、今では広く知られるようになりました。 ネット上でも、職業訓練を受けるための情報をまとめたサイトが数多く見つかります。 しかし、書いた人の知識不足なのか、重要なポイントを解説してい
「職業訓練を受講すると、失業保険が延長される」 これまで繰り返してきた通り、これが職業訓練の大きなメリットです。 しかし、細かい部分の確認を怠ったことが原因で、このメリットを受けることができず、職業訓練の受講をあきらめている方が少なくありません。
自己都合退職をした場合、失業保険が出るまでに3ヶ月間のブランクがあります。 これを、受給制限期間と呼びます。 さて、職業訓練を受講することで、この受給制限期間を解除することができることはよく知られています。 しかし、離職後にハローワークに行って
職業訓練校に入ると、職業訓練が終了するまで失業保険が延長される・・・ 今でこそ多くの方に知られることになった「失業保険の延長方法」です。 しかし、こんな単純な手続きであっても失敗する人が後を絶ちません。 なぜかというと、断片的な情報だけで行動して