当サイト、失業保険.comにご訪問の方はもうご存じだと思いますが、会社というのは、とにかく会社都合退職を認めるのを嫌がります。

実際は、会社の方から辞めるように持ちかけた場合であっても、社員が自己都合退職するように仕向けることはざらにあるのです。

ざらにある、どころか、そちらの方が普通だったりします。

会社が強制的に社員を辞めさせるのは解雇。
会社が社員に退職を提案して社員が受け入れた場合は会社都合退職。

こういった区分けが正しいのですが、上記のような場合であっても自己都合退職にされてしまった、という人がほとんどです。

理由は、会社が会社都合退職を認めようとしないからで、社員との圧倒的な力の差を利用して、退職に追い込むのです。

例えば、下記のような嫌がらせはリストラの現場では多く見られます。
・本人が一番嫌がるような部署に異動させてみる
・必然性もないのに遠方への転勤を打診してみる
・およそ実現不可能な、無茶苦茶な営業ノルマを課す
・仕事を全部取り上げて、一日中デスクに座らせて何もさせない

このような仕打ちを受け続ければ、多くの人は「こんな思いをしてまで会社にいたくない」と思いますから、退職という選択をします。

しかし、それは正に会社が狙ったことで、退職を申し出たあなたに対して、裏でほくそえんでいることは想像に難くありません。

なぜこういった手が込んだことをしてまで会社が会社都合退職を嫌がるかというと、退職者に占める会社都合退職者の割合が一定数を超えると、雇用関係の助成金がもらえなくなるといった事情があるからです。

しかし、実際にはこの「雇用関係の助成金」をもらっていない企業まで、会社都合退職をかたくなに認めようとしない傾向が強いのです。

これは、「社員が辞めるのは本人の意思で、会社は悪くない」ことにしたい会社の意向が反映されているといえます。

とはいえ、これは単に気分の問題で、会社に経済的な実害が生じるわけではありません。

明確な理由が存在しないにも関わらず、「会社都合退職など、絶対に認めるわけにはいかない」という思い込みで頭から拒否していることも多いのです。

となると、会社相手に会社都合退職を認めさせるには、この「会社には実害はない」ことを納得してもらえるかどうか?が一つの決め手になるかも知れません。

手始めに、「会社が、雇用関係の助成金」をもらっているのかどうか?を総務の人に確認することから始めましょう。

■こちらの記事もどうぞ
リストラなのに自己都合退職


« |